僧侶へのお布施は、お茶やタオルといった実用品や、故人の好んだ菓子などが良いでしょう。
お供え物を皆様で分けて、一緒に持って帰ってもらうこともあります。
また、引き物は一世帯に1つ準備するようにします。
引き物の金額は、2千円~4千円程度のものが一般的です。
お供え物を分ける場合は、持ち帰りやすいよう手提げ袋を世帯の数だけ用意しておくとよいでしょう。
お供え物はなるべく荷物になるものや、法事の席に適しないものは避けた方がよいでしょう。
特に、魚肉類の缶詰などは避けるようにしましょう。
持ち運びということを考えると、カタログギフトなどがオススメです。
カタログギフトは相手が自分で欲しい品を選べる利点がありますので、多くの方が利用しています。
引き物は一般的に、法事の帰りに合わせて用意するようにします。
水引は黒白を用いますが、その場合、水引が印刷された掛紙を用いても大丈夫です。

家族葬が安い葬儀屋を探すならこのHPを参照